『クロレラの効能や効果』 - 気になる飲み合わせや副作用は? -

クロレラグロスファクター(C.G.F.)とは

残念ながら現在までこのC.G.F.がいかなる構造を持っているのか、どの成分が有効作用しているかは完全には解明されていませんが、次のような成分であることは明らかになっています。


構造的にはサルファー(硫黄)を含む核酸やアミノ酸などから成る複合体で、その核酸の糖部分はグルコースを主体として、アラビノース、ガラクトース、キシロース、マンノース、ラムノースなどから形成され、またペプチドのアミノ酸組成はグルタミン酸、アスパラギン酸、グリシン、プロリン、アラニン、セリンなどとなっています。これらが相乗的に作用して働くものと考えられています。


ある時期の植物、そして植物のある特定部分に、生物体としての植物の分化・増殖(生理現象)を促す活性物質が含まれていることは、古くから知られています。


植物の一種であるクロレラの細胞にも「C.G.F.(Chlorella Growth Factor:クロレラ・グロス・ファクター)」と呼ばれる独自の動物体成長促進因子が含まれています。


人間をはじめとする動物や植物の細胞が2分裂しながら増加していくのに対してクロレラは、20~24時間で4分裂する驚異的な生命力を持ちますが、それもこのC.G.F.が深く関係しているといわれています。


■C.G.Fの含有量

クロレラには多くの種類がありますが、その種類と培養方法によっては、C.G.F.の含有量がまったく異なってきます。


クロレラの種類でみると、含有量の多いものにピレノイドサ種があります。また培養方法でみると太陽エネルギーを十分に受けることができる屋外培養のものは、タンクで培養されるものに比べてC.G.F.の含有量が多いといわれています。


確かに、タンク培養なら、培養液の温度、養分の制御を行いやすく、汚染も防ぐことができるという利点があり、培養液中のクロレラ濃度を容易に高めることができます。


しかし、暗所タンクで培養するために光合成を行わすことができず、収穫されたクロレラは屋外培養のものと比べ、成分的に違いが生じます。