『クロレラの効能や効果』 - 気になる飲み合わせや副作用は? -

クロレラの副作用

クロレラで報告されている副作用としては嘔吐,下痢,湿疹などの報告がありますが、一般的は問題となる副作用はほとんどないと考えられています。


クロレラに含まれるクロロフィルが分解される過程で生成されるフェオフォルバイトにより光過敏症にかかる可能性があります。


クロレラは商品により異なりますがをほうれん草の10倍以上の3600μg(100g当たり)含むため、ワーファリンとの相互作用に注意が必要です。


ワーファリンは血液の凝固を防ぐのに対しビタミンKは血液を凝固させる血液凝固に必要な因子に作用する拮抗作用があるためクロレラの摂取は避けてください。


のように他の疾患による薬物を服用している方は飲み合わせによる副作用に注意が必要です。


またクロレラは高蛋白質であるので、卵や魚のアレルギーと 同じように蛋白アレルギーで湿疹、かゆみ等を生ずる場合があります。


このような場合には、 ご利用を控えられた方がよいです。また胃腸の弱い方で、まれに下痢、あるいは胃の不快感等を生ずる場合があります。


このような場合には、 食後すぐに飲まれたり、粒製品の場合はつぶして飲んだり、あるいは1回に飲む量を減らすなどして 改善する必要があります。


●光線過敏症とは

光線過敏症は日光アレルギーとも呼ばれ、日光によって引き起こされる人体免疫システムの過剰反応です。


健康な人では問題のない日光の量で、皮膚が赤くなる、ぶつぶつができる、腫れて水膨れができる、かゆみが生じるなど、何らかの症状を伴うのが特徴で、これらの反応は遺伝する傾向があります。


原因の特定はなかなか難しく、直接の原因は日光に当たることですが、原因不明のことも少なくありません。