『クロレラの効能や効果』 - 気になる飲み合わせや副作用は? -

クロレラの効能

クロレラの効果・効能はコレステロール値の低下作用,高血圧の改善,血糖値を下げる効果,免疫活性化,抗酸化作用などです。体験談的には便秘が良くなったという話も良く聞きます。


これはクロレラに含まれる食物繊維の効果だと思われます。長い間健康効果が取り上げられているクロレラですが、特定症状に対する人での信頼できる臨床試験は行われていません。


クロレラに含まれるタンパク質やビタミン,ミネラル類などの栄養がもつ効果とクロロフィル(葉緑素)の抗酸化作用などが総合的作用し様々な健康効果が得られると考えられています。


クロレラはたんぱく質、葉緑素、各種ビタミン、鉄などのミネラルが天然のまま含まれ、必須アミノ酸も含むため、栄養学的にすぐれた食品といえます。


多量に含まれている葉緑素は、老化を早めさまざまな生活習慣病の大きな原因と考えられている、活性酸素を消去する働きが高いといわれています。


また、クロレラに含まれる生理活性物質C・G・F(クロレラ・グロス・ファクター)は、核酸とアミノ酸などで構成される複合体で、最近、臨床実験に広く応用され、数々の成果が報告されています。


クロレラの効能は、免疫力を高めたり抗ガン作用や抗ウイルス作用、細胞の新陳代謝を活発にして、強い体を作る効能があります。


クロレラの最も多い成分はタンパク質ですが、他にも炭水化物やミネラル、ビタミンA・C・Eなど多くの栄養素が含まれています。


クロレラに豊富に含まれるクロロフィルは、発ガン物質を吸着する効能があり、クロレラにより肝臓ガン、乳ガン、皮膚ガンなどの予防効果についての報告もあります。


またβカロチンやルチンも多く含まれ、これらは人参やほうれん草に含まれる成分でも有名ですが、抗酸化作用の強い栄養素になります。


ルチンは目に対する生理効果があり、特に老年性網膜黄班部後退や白内障になるのを防止する効果が明らかにされています。クロレラの食物繊維は、コレステロールを下げる効果があります。


その他にも、肝機能異常の改善効果、便秘、肩こり、神経痛、二日酔、高血圧、脳軟化症、冷え症、水虫、低血圧、肌の老化などの治療に効果があります。